close

埼玉少年少女スポーツってどんな新聞?

●いつ発行されるの?
毎月第2、第4水曜日です。第5水曜日まである月は第3、第5水曜日発行です。

●少年少女って何年生のこと?
少年少女スポーツでは県内の小中学生を対象にしています。

●スポーツのことしか、のっていないの?
平成10年9月から絵画、音楽、書道などの文化面も新設されました。
スポーツに限らず、いろいろな分野で活躍するみんなを応援します。

●どうしたら読めるの?
埼玉少年少女スポーツは、埼玉県内で定期購読されている朝日新聞にもれなく折り込まれます。

- 文化面 -

第519号 3月13日発行

▷ 中学の部最優秀賞 日野涼、内田貴久・梨瑛兄妹、岡本あかり、東松山北中科学部 理科

発表の様子

県理科教育研究発表会児童生徒の部
 【2月15日、ときがわ町】平成30年度埼玉県理科教育研究発表会児童生徒の部(県教育員会ほか主催)が2月15日にときがわ町文化センターアスピアたまがわ他であり、小・中学の部でそれぞれ4作品が最優秀賞に選ばれた。中学の部は、さいたま大宮北中1年の日野涼さん、川越高階西中2年の内田隆久くん・梨瑛さん(高階南小6)兄妹、ふじみ野大井中3年の岡本あかりさん、東松山北中2年科学部の研究が受賞した。小学の部は、川越霞ケ関西小4年の冨山柚季さん、上尾富士見小6年の鈴木練くん、志木小5年の田上優人くん、小川東小川小チームの研究が受賞した。
 本年度は県理科教育研究会の14支部で推薦、選考を経た研究が、小学、中学の部でそれぞれ16作品発表された。審査講評は埼玉大学教育学部の近藤一史教授、金子康子教授、松岡圭介准教授、中島雅子准教授が務めた。


▷ 別府あかり 初県知事賞 吹奏楽

JBA埼玉部会中学生管打楽器ソロコンテスト
【2月3日、蓮田市】第25回JBA埼玉県部会中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト(日本吹奏楽指導者協会埼玉県部会主催)が2月3日、蓮田市総合文化会館で開かれた。中学生の部は、県内各地区からの応募者165人から、録音審査を通過した39人が本選に進み、別府あかりさん(草加中2年・ホルン)が初の県知事賞を手にした。次点は菅谷優希くん(蕨第二中3年・トロンボーン)で、朝倉涼太くん(川口青木中2年・アルトサックス)とともに県教育委員会教育長賞。植松姫菜さん(志木宗岡中3年・フルート)と福島凛香さん(さいたま常盤中2年・ホルン)は、さいたま市教育委員会教育長賞に輝いた。

演奏する県知事賞の別府

〜おもなニュース〜

・本選出場者決まる
 和幸ピアノコンクール大宮・熊谷予選
 (2月17日、さいたま市民会館おおみやほか)

・小学の部最高賞 小澤美望(さいたま高砂小6)2年連続
 和幸ウインドコンテスト
 (2月3日、彩の国さいたま芸術劇場小ホール)

・山下賢一(所沢安松中1)が2年連続県知事賞
 稲心書道展
 (2月17日、さいたま市埼玉会館)

・小学最優秀賞 冨山柚季、田上優人、鈴木練、東小川小
 県理科教育研究発表会児童生徒の部
 (2月15日、ときがわ町文化センターアスピアたまがわほか)

・U15 世界3位の高橋歩暖が連覇
 全日本バトントワーリング選手権関東

・小野2連覇 辻窪V3
 全国そろばんコンクール
 (2月8日、東京都)

・第389回珠算・暗算段位認定試験合格者

【お知らせ】次号は4月10日(水)発行予定です。朝日ジュニア囲碁埼玉県名人戦や彩の国21世紀郷土かるた県大会などを掲載予定です。