close

埼玉少年少女スポーツってどんな新聞?

●いつ発行されるの?
毎月第2、第4水曜日です。第5水曜日まである月は第3、第5水曜日発行です。

●少年少女って何年生のこと?
少年少女スポーツでは県内の小中学生を対象にしています。

●スポーツのことしか、のっていないの?
平成10年9月から絵画、音楽、書道などの文化面も新設されました。
スポーツに限らず、いろいろな分野で活躍するみんなを応援します。

●どうしたら読めるの?
埼玉少年少女スポーツは、埼玉県内で定期購読されている朝日新聞にもれなく折り込まれます。

- スポーツ面 -

第519号 3月13日発行

▷ 浦和レッズ7年ぶりV サッカー

先制ゴールに喜ぶ浦和レッズの選手たち

県ユースU─13サッカー選手権
 【3月2日、さいたま市】第21回埼玉県ユースU─13サッカー選手権大会(朝日新聞埼玉少年少女スポーツほか後援)の最終日は3月2日、秋葉の森総合公園で決勝を行い、浦和レッドダイヤモンズジュニアユースが2連覇中のFC LAVIDA(ラヴィーダ)を1─0で破り7年ぶりの優勝を果たした。先だって行われた3位決定戦ではクマガヤSCがグランデFCを2─0で退け2年連続の3位とした。

▼レッズの松原が決勝ゴール

 7年ぶりの決勝となる浦和レッズと3連覇を目指すラヴィーダ。前半を互いにせめぎあい0─0で折り返すと、後半立ち上がりの1分、浦和はMF河原木のシュートのこぼれをMF松原がヘディングで押し込み先制点を得た。浦和はその後も主導権を握り、逆襲からの1点を狙うラヴィーダの攻撃を抑え、これが決勝点となった。

▷ ゴイスヤナカ 初V サッカー

県第4種少女サッカー新人大会
 【2月17日、吉見町】第4回埼玉県第4種少女チーム新人戦大会の最終日は2月17日、吉見町ふれあい広場多目的グラウンドで決勝トーナメントが行われ、決勝ではFCゴイスヤナカ(春日部)が熊谷リリーズ少女サッカークラブを0─0(PK3─2)で破り初優勝をかざった。

▼攻勢も決定力不足

 ゴイスヤナカはチーム発足2年目で初の決勝。熊谷リリーズは準優勝した第1回大会以来2度目の挑戦となった。
 前半は互いにせめぎ合った。リリーズはFW渡邉のドリブル突破でチャンスを作るも得点には至らず。後半はヤナカが前からの守備で球を奪うと、素早いパスまわしでゴールに迫る。10分にFW門伝、12分に千葉、MF小川が立て続けにシュートを打つもゴールを割れず、勝敗の行方はPK戦に委ねられた。

決勝で競り合うゴイスの小川と熊谷の渡邉

〜おもなニュース〜

・与野西北が初優勝
 さいたま市北部少年サッカー卒団大会朝日新聞大宮南部杯
 (2月17日、さいたま市堀崎公園グラウンド)

・クマガヤSCが3位
 県ユースU─13サッカー選手権
 (3月2日、さいたま市秋葉の森総合公園)

・FCリアンが優勝
 ASA蓮田中央杯少年サッカー大会
 (2月24日、蓮田黒浜公園サッカー場)

・名細剣友会(男子)がV 
 川越市青少年剣道大会
 (3月3日、川越武道館)

・岩槻出身プロサッカー選手 斉藤誠司サッカースクール

・日本サッカーの未来を考える(73) 中澤佑二選手の引退

【お知らせ】次号は3月27日(水)発行予定です。県会長杯争奪小学生バレーボール新人大会などを掲載予定です。